臨時収入が得られるかも?不用品はオークションで賢く売買

>

うまく売買する為のコツ

この記事をシェアする

出品したものが売れないのは理由があった

不用品をいくつか出品したけれど、中々入札が入らない。出品者のほとんどがこの悩みを持ちますが、これにはいくつかのパターンがあります。
まず出品物の説明が適当、または雑でわかりにくいパターンです。オークションは個人店舗の様なもので、その際に雑な説明しかしない店舗で物を買いたいと思いますか?誰もそう思いませんし、親切で丁寧に説明してくれるところが良いに決まっています。同じ理由で写真が1枚しかなかったり、不鮮明であったりすると入札が入りません。
他にも出品者が独自のルールを設けていたり、要望が多かったりすると「面倒臭そうだな。」と感じられて入札が入りません。初心者にはハードルが低いですが評価がゼロのままだと入札が入りにくいです。

ちょっとしたコツや手間で売買成立?

出来る限り不用品をオークションで売買したい時、まずプロフィールや商品説明の方法を覚えましょう。まずプロフィールはどんな方が見ても分かりやすく、丁寧を心掛けると良いです。この時にどんな品を出品するのか、またはペットやタバコの有無を掲載しておくとトラブル回避出来ます。
商品説明も色やサイズ、ブランドだけでは無く寸法や使用感まで掲載すると入札が入りやすいです。角度やアングルを変えた複数枚の写真があると尚良いです。
また商品タイトルをつける時にアピールポイントをつけて、検索に引っかかりやすくするのもポイントです。例えば「送料無料」「美品」「限定品」といったワードは検索されやすいです。但しウソを書くのはNGです。


トップへ